民主:岡田氏:会派離脱届は受理せず、「パフォーマンス」と批判

民主党の岡田克也幹事長は17日 午後の定例会見で、同党の小沢一郎元代表に近い衆院議員16人が党 側に会派離脱届を提出したことについて、同じ党に属しながら会派離 脱をすることは「できない、あり得ない」と述べ、受理しない方針を 示した。また、これら議員は無効であるのは承知の上で届け出を行っ たとの見方を示した上、「軽率な行為」「パフォーマンス」だと批判し た。

岡田氏は「単に離脱届を置いていったということだ。こういう非 常な重要な問題について、単に置いていくというのは理解に苦しむこ とだが、いまの規約上そういうことは想定されていない」とも語った。

枝野幸男官房長官は同日午前の会見で、党と会派が別ということ は「常識では考えられないことだ」と指摘した。

一方、会派離脱届を提出した議員は17日、声明を発表、菅直人 首相は「『衆院の任期中上げない』としていた消費税については『来 年度末までに法的な対応をしなければいけない』と発言し、増税への 意欲をあらわにした」と批判。また、菅政権は「国民との約束、マニ フェストを捨てたのである」と糾弾した。共同通信は、これらの議員 が2011年度予関連法案の採決で造反する可能性を示唆したと同日、 伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE