中国オンライン映像会社PPライブ、IPO模索-ソフトバンク出資先

中国のオンライン映像サービス会 社シナキャストは、売上高が急増する中、複数の銀行と新規株式公開 (IPO)の可能性について協議したことを明らかにした。同社はソ フトバンクから2億5000万ドル(約200億円)の出資を受けている。

「PPライブ」として知られる同社のビンセント・タオ最高経営 責任者(CEO)は16日に電話インタビューに応じ、「IPO実施に 最適な時期を常に模索している」と述べ、「銀行と緊密な連絡を取って いる」と説明。ただ、「近い将来の」上場計画はないと語った。

昨年12月にニューヨーク市場に上場した中国最大の動画サイト 運営会社、優酷網は、オンライン広告市場拡大への期待から取引初日 の上昇率が2倍余りとなった。米マイクロソフトの元幹部だったタオ CEOは、PPライブの売上高は2010年に約4倍増となったが、今 年も同水準の伸びを目指すと語った。

中国のインターネット調査会社、アイリサーチのオンラインビデ オ・アナリスト、ツァオ・シュフォン氏は「広告主は、支出先をテレ ビや新聞など従来型メディアからインターネットにシフトさせている」 と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE