スイスのネスレ:10年売り上げ、予想上回る伸び-11年も増加へ

世界最大の食品メーカー、スイ スのネスレは、2010年通期の売り上げの伸びがアナリスト予想を上回 った。コーヒーカプセル「ネスプレッソ」やピザ「ディジョルノ」の 販売が好調だった。同社はまた、11年通期の売り上げと利益率が前年 を上回るとの見通しを示した。

17日の発表資料によれば、買収や為替変動などの影響を除いた 実質売上高は前年比6.2%増加し、ブルームバーグ・ニュースがまと めたアナリスト8人の予想平均(5.4%増)を上回った。11年通期の 実質売上高については、5-6%増加することに「自信」を持ってい ると明らかにした。

10年通期の利益は342億スイス・フラン(約2兆9800億円)と、 前年に比べ3倍余り拡大。米眼科製品メーカー、アルコンの持ち株売 却に伴う一時利益が寄与した。

ケプラー・キャピタル・マーケッツのアナリスト、ジョン・コッ クス氏は「10年10-12月(第4四半期)に業績が鈍化するとの見方 が多かったため、明らかに予想を上回る結果だった」と指摘。「発表 された業績見通しにはあらためて勇気づけられている」と語った。

ネッスルはまた、為替変動の影響を除いた11年通期の営業利益 率が長期的な目標に沿って伸びるとの見通しを示した。

新たな自社株買いプログラムの発表はなかったものの、配当は 16%引き上げられ1株当たり1.85スイス・フランとなった。10年通 期の純利益は342億スイス・フランと、前年の104億スイス・フラン の3倍以上となった。

製品値上げ

10年の売上高の伸び率は、製品値上げにより1.6ポイント押し 上げられた。ネッスルの売上高は、主要30ブランドが計10億スイ ス・フランと、全体の約4分の3を占めているため、より規模の小さ い競合他社以上に国際商品価格の上昇分を販売価格に転嫁することが できたと、INGファイナンシャル・マーケッツのマルコ・ガルパー ス氏は指摘した。

クレディ・スイスのアナリスト、アレックス・モロイ氏は決算発 表前に「ネッスルは、インスタントコーヒーやペットケア製品、菓子 類など伝統的に好調な分野に強いブランドを持っており、大半の競合 他社より良い状態にある」と語った。

ネスレの株価は過去1年で約2.6%上昇。時価総額は約1817億 スイス・フラン(約15兆8200億円)と、欧州企業としては英HSB Cホールディングス、英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェルに次 ぎ3位。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE