南アのアングロゴールド:昨年10-12月利益、前期比3%減

金生産で世界3位、南アフリカ 共和国のアングロゴールド・アシャンティの2010年10-12月(第 4四半期)の利益は、前期比3%減少した。前期にあった税優遇措置 の効果がなくなったことなどが響いた。

同社が17日発表した資料によれば、ヘッジ取引解消費用を除く 利益は2億9400万ドル(約246億円)、1株当たり0.76ドルとな った。7-9月(第3四半期)は3億300万ドル、1株当たり0.82 ドルだった。同国産金業界を担当するアナリストらは、前期比で業績 の推移を確認している。第3四半期には、8200万ドルに上る一時的 な税額控除により利益が押し上げられていた。

金相場が上昇する中、産金会社はヘッジ取引の解消を進めている。 アングロゴールドのヘッジ解消コストは昨年、約60億ドルに上った。

同社の第4四半期の金産出量は115万オンス。第3四半期は 116万オンスで、10年通期では452万オンスだった。11年1-3月 (第1四半期)の同社見通しは104万オンス。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE