米オールステートがJPモルガンを提訴-RMBS販売で不正と主張

住宅・自動車保険で米最大の上 場企業、オールステートは、米JPモルガン・チェースが約7億ドル (約580億円)の住宅ローン担保証券(RMBS)を不正に販売し たとして、ニューヨーク州地裁に訴えを起こした。

同地裁に15日提出された訴状によると、オールステートはこの RMBSの市場価値の下落と元本・利息について、損害賠償を求めて いる。オールステートは問題のRMBSを、JPモルガンや同行が買 収したベアー・スターンズ・アセット・バックト・セキュリテーズな どから購入していた。

オールステートは「高格付けで安全な証券を購入したと当社は信 じ込まされた」とし、「同証券は、不動産を買う余裕のなかった人々 が契約したリスクの高いローンの束であり、デフォルト(債務不履行) に陥る可能性が極めて高いことをJPモルガン側は認識していた」と 主張している。

JPモルガンの広報担当ジェニファー・ザッカレーリ氏は、今回 の提訴についてコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE