ノーリツ株反発、損益分岐点引き下げ評価-ドイツ証は目標株価上げ

ガス風呂釜や給湯機器を製造する ノーリツ株が一時前日比6%高の1457円と急反発。コスト削減などで 損益分岐点が下がり、利益が出やすい体質に変ぼうしたとの見方が一 部アナリストから示され、収益力の高まりによる株価の先高期待が強 まった。

ドイツ証券は16日、投資判断「買い」を継続した上で、ノーリツ 株の目標株価を従来の1700円から1900円に引き上げた。大谷洋司シ ニアアナリストは、今月10日のノーリツ決算発表や会社側への取材を 経て、「過去3年間で損益分益点を約11%引き下げた」と投資家向け リポートで指摘。新設住宅着工数の回復やリフォーム需要の堅調さも あり、現状のレベルの利益を安定的に出せる状況になったと分析した。

ノーリツが昨年12月3日に公表した中期経営計画によると、連結 営業利益の目標値は再来期(13年12月期)が100億円、計画最終年 度の16年12月期が150億円。一方、今期(11年12月期)の会社側 計画値は前期比12%増の80億円となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE