アドウェイ株急伸、7.5%上限に自社株買い-成果報酬広告も好調

パソコンや携帯電話の成果報酬型 広告会社のアドウェイズ株が急伸。同社は16日、発行済み株式総数の

7.5%を上限に自己株式の取得を実施すると発表しており、株主還元姿 勢への評価、当面の需給改善を見込む買いが膨らんだ。

一時前日比9.1%高の8万9800円と、昨年12月21日(13.8%)以 来、約2カ月ぶりの日中上昇率を記録。午前10時現在の出来高は2328 株と、過去半年の1日当たり平均871株の2倍以上に達している。

同社が16日の取引終了後に発表したリリースによると、発行済み 株式総数の7.5%に当たる6000株、金額にして4億円を上限に自己株 式を取得することを決めた。取得期間は17日から4月28日。

証券ジャパンの大谷正之調査情報部長は、「7.5%はそこそこの数 でインパクトは大きい」と指摘。また金額上限の4億円も、1株8万 5000円として計算すると、多くの株式取得が可能だと話した。

アドウェイの今期(2011年3月期)の連結業績予想は、主力アフ ィリエイト広告事業が国内外で好調に推移しており、売上高は前期比 16%増の153億円、純利益は21%増の4億9000万円を計画している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE