豪中銀総裁補佐:世界の商品相場は高止まりの可能性が高い

オーストラリア準備銀行(中央 銀行)のロウ総裁補佐は、商品相場が世界的に長期間高止まりする 公算が大きく、インフレ抑制のためアジアを含めた地域で一段の金 融引き締めが必要になるかもしれないとの認識を明らかにした。

17日のシドニーでの講演テキストによると、ロウ総裁補佐は 「世界経済は明らかに相対価格の変化を経験している。この変化は かなり長期間続く公算が大きい」と指摘。「少なくとも当面は、世界 の商品生産能力が世界経済のインフレなき成長を実現する上での重 要な制約要因となることが明白になろう」との見解を示した。

同総裁補佐は講演で、商品相場高および豪州の消費活動が抑制 的であることに重点を置いた。同総裁補佐はこれらを、今後1年間 の同国経済に「重要な影響を及ぼす」とみている。金融政策につい ては特に触れなかった。

ロウ総裁補佐はまた、アジアでのインフレ圧力増大は「これま でよりも強い政策対応が取られる可能性が大きく、それを受けて同 地域の景気が急減速するリスクが高まっていること」を意味すると 語った。

このほか、豪州の国内総生産(GDP)が今年4-6月(第2 四半期)に「力強い回復」を示すと予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE