2月16日の欧州マーケットサマリー:英独債が上昇、利上げ観測後退

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3543 1.3487 ドル/円 83.75 83.77 ユーロ/円 113.41 112.99

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 290.72 +1.28 +.4% 英FT100 6,085.27 +48.19 +.8% 独DAX 7,414.30 +14.26 +.2% 仏CAC40 4,151.26 +40.92 +1.0%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.38% -.03 独国債10年物 3.24% -.05 英国債10年物 3.81% -.04

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,371.25 -1.50 -.11% 原油 北海ブレント 103.68 +2.04 +2.01%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は4営業日続伸。ストックス欧州600指数は2年 半ぶり高値を付けた。ハイネケンやソシエテ・ジェネラルの利益がア ナリスト予想を上回ったほか、米住宅着工件数が予想以上の伸びとな ったことが好感された。

オランダのビール会社ハイネケンと、仏銀ソシエテ・ジェネラル が買われた。仏製薬会社サノフィ・アベンティスは3.5%上昇。バイ オ医薬品開発の米ジェンザイムを少なくとも201億ドルで買収する ことで合意したことが買いを誘った。

一方、スイスの特殊化学品メーカー、クラリアントは8年ぶり大 幅安となった。同業でドイツのズードケミー買収で合意したと発表し た。評価額は20億ユーロ。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%高の290.72と、 2008年8月以来の高値で引けた。世界的な景気回復で企業利益が増 えるとの見方のほか、ユーロ圏の高債務国向け支援策が奏功するとの 観測に支えられ、同指数は年初来では5.4%上げている。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州600 指数の構成銘柄の株価収益率(PER、実績ベース)は約15.5倍と、 9カ月ぶり高水準に近い。

ベーデル・バンク(フランクフルト)の調査責任者、ロバー ト・ハルベル氏(フランクフルト在勤)は、「2011年は株式にとっ て良い1年となるだろう。経済は全般に極めて良好で、業績も好調だ。 相場上昇が終わる明確な兆候は見られない」と語った。

ハイネケンは3.1%上昇。ソシエテ・ジェネラルは4.9%上げ た。一方、クラリアントは13%急落した。

◎欧州債券市場

16日の欧州債市場で、ドイツ国債が上昇した。10年債入札の引 きが良かったほか、利上げ観測が後退したことが背景にある。

10年債利回りが約1週間ぶりの低水準をつけたほか、30年債利 回りは先月14日以降で最大の低下となった。欧州中央銀行(ECB) の政策委員会メンバー、ベルギー中銀のクアデン総裁は、ユーロ圏の インフレ率は「今年後半に段階的に低下する公算が大きい」との見方 を示した。同総裁が14日にブリュッセルでの記者会見で発言した内 容は、この日公表された。

ドイツが実施した入札の応札倍率は1.9倍。1月5日の前回入 札では1.6倍、昨年11月の入札では1.2倍だった。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏 (ロンドン在勤)は、「入札結果はうれしい驚きだった」と述べ、ド イツ国債は「今後も支え続けられるだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時55分現在、ドイツ10年債利回りは前日 比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.24%。 前日は3.33%まで上げ、2010年1月14日以来の高水準を付けた。 同国債(表面利率2.5%、2021年1月償還)価格は0.35ポイン ト上げ93.93。2年債利回りは3bp低下し1.38%。

ドイツ連邦銀行(中央銀行)はこの日、表面利率2.5%の国債を 33億7000万ユーロ発行し、平均落札利回りは3.28%だったと発 表。ポルトガルは1年物証券を10億ユーロ発行した。平均落札利回 りは3.987%、応札倍率は1.9倍。2日の前回入札では3.71%、

2.6倍だった。

アイルランド10年債は10営業日ぶりに上昇。同利回りは3b p低下し9.21%。前日までの9営業日で41bp上げていた。一方、 アイルランド2年債は3日続落し、利回りは8bp上昇の7.23%。

◎英国債市場

英国債相場は大幅上昇。イングランド銀行(英中央銀行)のキン グ総裁が景気支援に向け、過去最低の政策金利を長期にわたり維持す る必要があるとの見解を示したことを受けて、利上げ観測が後退した。

キング総裁はこの日、四半期物価報告を発表した後にロンドンで 記者団に対し、利上げを準備していないと言明した。英中銀は物価報 告で、インフレ率が年内に4.4%前後でピークに達した後、2012年 半ばまでに目標に向けて低下するとの見通しを示した。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの為替ストラテジスト、ニ ール・メラー氏(ロンドン在勤)は、「年末までに3回ないしは4回 の利上げがあるとの見方が市場に織り込まれていたが、それは行き過 ぎだった」と述べ、「景気下振れへの危機感があるのは明らかだ」と 続けた。

2年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の1.5%。同国債(表面利率4.5%、2013年3月償 還)価格は0.10ポイント上げ106.04。10年債利回りは4bp下 げ3.81%となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE