G20声明草案:商品値上がりや公的債務が景気回復へのリスク-DJ

20カ国・地域(G20)の当局者 らは、商品価格の上昇や高水準にある公的債務、そして「過熱」して いる途上国経済を世界の景気回復へのリスクと位置付けている。ダ ウ・ジョーンズ(DJ)通信が共同声明の草案のコピーを引用して報 じた。

これによれば、草案の要約は「先進国のソブリン債市場で続く緊 張やインフレ圧力といった下振れリスクは残っている。さらに、新興 国への資本の大量流入が資産バブルのリスクを生み出していることや、 商品価格の上昇で成長の持続性および食料安全保障への懸念が高まっ ていることも下振れリスクだ」と記している。

G20財務相・中央銀行総裁会議は18、19両日にパリで開催され る。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Flavia Krause-Jackson at +39-06-4520-6322 or fjackson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE