CDS市場、iTraxx日本は横ばい-入札は商社や自動車など

16日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場は、総じて横ばいの展開。入札では、自動車や商 社などの銘柄の落札が確認された。

複数のトレーダーによると、マークイットiTraxx日本指数は 前日比横ばいの103.5ベーシスポイント(1bp=0.01%)、103bpで 取引された。金融情報サービスのマークイットによれば、午後4時45分 現在の気配値は、買いが102bp、売りが103bp。

個別銘柄ではドル建て日本ソブリンの5年物が79.5bp、79bp、 80bpで取引され、前日の取引値79bpからほぼ横ばい。また5年物と 10年物とスイッチ取引が35bpで成立した。りそな銀行のドル建て劣後 債は151bpと、前日の取引値から1bp拡大した。

この日の入札では、5年物のトヨタ自動車が62.5bp(前日のCM A東京の気配値は62.1bp)、伊藤忠商事が86bp(同84.3bp)で落 札された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE