シンガポール取引所のASX買収、「道のり長い」-NZXのCEO

シンガポール取引所によるオー ストラリア証券取引所の運営会社ASX買収計画について、ニュージ ーランド証券取引所を運営するNZXのマーク・ウェルドン最高経営 責任者(CEO)は、豪州の規制当局と議員らからの承認獲得に向け た「道のりは長い」との見通しを示した。

ウェルドンCEOによれば、NZX率いるグループは先月、豪州 でオーストラリア証券取引所に競合する取引所の設立を目指した申請 を取り下げた。3年間待たされた揚げ句、最終的には議会からの反対 に遭ったという。同CEOはインタビューで、「競合を図る場合も、 買収・合併を目指す場合でも、どちらも長い道のりだろう」と語った。

ASXに対し77億8000万豪ドル(約6500億円)規模の買収 を計画しているシンガポール取引所は15日、オーストラリアの国益 に関する懸念から統合に反対している議員から支持を得るため、当初 案よりも取締役会のオーストラリア人の数を増やすことを提案した。 オーストラリア議会で買収案承認のカギを握る可能性がある4人の無 所属議員のうちの1人、ボブ・カッター議員は、この修正案について 「ブタにドレスを着せるようなものだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE