米グルーポン:海外事業拡大で責任者を採用へ、複数に接触-関係者

共同購入クーポンサイト最大手、 米グルーポンは、海外事業拡大の指揮を執る幹部の採用を強化してい る。計画に詳しい関係者2人が明らかにした。

情報が非公開だとして匿名を条件に語った1人の関係者によると、 グローバル事業責任者への就任を打診するため、グルーポンは人材あ っせん会社を雇い、米動画サイトのフールーのジェーソン・キラー最 高経営責任者(CEO)を含む複数の候補者に接触した。キラー氏が 就任の意思があるかどうかは不明。30日以内に同責任者の採用が決ま る可能性があるという。

グルーポンのアンドルー・メイソンCEOは年内の新規株式公開 (IPO)を検討しており、グローバル事業の拡大は極めて重要。同 社は35カ国でサービスを提供し、米国以外で売り上げの多くを得てい る。海外成長を促進する経営力が、リビングソーシャルなどの競合企 業の追随をかわすことにつながる可能性がある。

同社は昨年3月、起業家やベンチャーキャピタリストの経験を持 つインターネットを熟知したロブ・ソロモン氏を社長兼最高執行責任 者(COO)として起用した。

グルーポンの広報担当ジュリー・モスラー氏とキラーCEO、フ ールーの代表からはコメントを得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE