新興市場はインフレへの備え必要、景気過熱のリスクで-シティCEO

米銀シティグループのビクラム・ パンディット最高経営責任者(CEO)は、新興市場は「景気過熱の リスク」があるとして、インフレに備える必要があると指摘した。

パンディットCEOは15日、ニューヨークで開催された投資家 向け会合で、「新興市場に行くと、生産能力の限界あるいはそれに近 い水準で経済活動が展開されているところがほとんどで、景気過熱の リスクがある」と指摘。「新興市場はインフレへの対応を迫られるだ ろう」と述べた。シティは収入の半分以上を新興市場で稼いでいる。

ただ同CEOは新興市場のインフレについて、成長の証しだとし て「明るい筋書きの一部」になるかもしれないとの見方も示した。そ の上で、「生産能力が限界近くに達している国があり、そうした国の 課題は生産能力を拡大する方法を見いだすことだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE