豪カンタス航空:7-12月の純利益、4倍余りに拡大-需要回復

更新日時

オーストラリア最大の航空会社、 カンタス航空の2010年7-12月(上期)決算は、純利益が前年同期 の4倍余りとなった。エアバス機「A380」のエンジン事故に伴う混乱 はあったものの、企業の出張や観光などの旅客需要回復が全体を押し上 げた。

同社が17日発表した資料によれば、上期の純利益は2億4100万 豪ドル(約202億円)、1株当たりでは10.6豪セントとなった。前年 同期は5800万豪ドル(同2.6豪セント)。ブルームバーグ・ニュース がまとめたアナリスト4人の予想中央値は2億8300万豪ドルだった。 売上高は前年同期比9.9%増の75億9000万豪ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE