TPGとゴアズなどPE3社、ノキア・シーメンス株取得競う-関係者

TPGキャピタルとゴアズ・グ ループなどプライベートエクイティ(未公開株、PE)投資会社3社 が、ノキア・シーメンス・ネットワークスの株式取得を競っている。 事情に詳しい関係者3人が明らかにしたもので、当初関心を示してい たブラックストーン・グループは戦線を離脱したという。

協議は非公開だとして匿名を条件に語った関係者1人によると、 4-6月(第2四半期)末までに決着する公算が大きい。複数の関係 者によると、以前ブラックストーンと組んでいたゴアズは別の企業買 収会社と提携。残るPE投資会社1社については明らかになっていな い。ノキア・シーメンス・ネットワークスはフィンランドのノキアと ドイツのシーメンスの折半出資会社。

協議に詳しい関係者2人によると、ノキア・シーメンスが少数株 式の売却を望んでいるのに対し、PE投資会社側は経営権の取得を希 望。関係者1人によれば、TPGとの交渉が以前行き詰まった理由は この点もあるという。ノキア・シーメンス側はその後、TPGに対し 協議の再開を働き掛けたという。

ブラックストーンの広報担当者クリスティーン・アンダーソン氏 と、TPGの広報担当者オーエン・ブリックシルバー氏はコメントを 控えた。ゴアズの広報担当、フランク・ステファニク氏に電子メール による取材を試みたものの現時点で返答はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE