米社債保証コスト上昇、期待外れの小売売上高が影響-CDS取引

15日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが上昇。 この日発表された1月の米小売売上高の伸びが市場予想を下回ったこ とが影響した。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標 であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニュー ヨーク時間午前9時12分(日本時間午後11時12分)現在、0.7ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の81.1bp。スプレ ッド上昇は通常、投資家心理の悪化を、低下は心理の改善を表す。

米商務省が15日発表した1月の小売売上高(速報値)は前月 比0.3%増と、7カ月ぶりの低い伸びにとどまった。ブルームバーグ がまとめたエコノミストの予想中央値は0.5%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE