米エクソンモービルの埋蔵資源、天然ガスが5割強に-XTO買収で

米石油会社エクソンモービルが保 有する原油・天然ガスの埋蔵量が過去11年で最も大幅に増加した。 米天然ガス生産会社XTOエナジーの買収がエクソンの保有する埋蔵 資源における天然ガスの割合を半分以上へと押し上げ、確認埋蔵量の 増加にも寄与した。

エクソンモービルの15日の発表資料によると、確認埋蔵量の増 加分は原油換算で35億バレルと、昨年の生産量の209%に相当する。 エクソンがモービルを買収した1999年以来の大幅な伸びとなった。

エクソンの埋蔵量における天然ガスの構成比率は昨年末時点で 53%となり、2009年末時点の49%から上昇した。エクソンはXT Oを昨年6月に349億ドル(約2兆9200億円)で買収。この結果、 従来は困難とみられていた岩石層内の天然ガスの採掘を可能にする特 許技術を手に入れた。

15日のニューヨーク市場でエクソン株は1.94ドル(2.3%)安の

82.97ドルで引けた。これは昨年8月以来の大幅安。同社株は年初か ら14%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE