米リッチモンド連銀総裁:インフレは今年下期に加速する可能性

米リッチモンド連銀のラッカー 総裁は、企業がコスト上昇分を取り戻そうとし、今年下期にインフレ が加速する可能性があるとの見方を示した。

ラッカー総裁は15日、ブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューで、「企業は利ざや縮小の一部を下期に埋め合わせようとし ている」と指摘。「インフレが必ずしも加速するとは限らないが、そ の可能性が最も高まるのは景気回復のこの時期だ」と述べた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和を解除する方法に ついて、総裁はそのタイミングとペースの両方に焦点を絞っていると 発言した。ラッカー総裁は、計画以上の緩和を当局は実施するべきで はないと考える当局者の1人。総裁は先週、6000億ドルの米国債購 入計画の定期的な見直しをFOMCは「かなり真剣に」進める必要が あると指摘していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE