2月15日の欧州マーケットサマリー:株が08年9月以来の高値

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3517 1.3489 ドル/円 83.76 83.32 ユーロ/円 113.21 112.40

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 289.44 +.33 +.1% 英FT100 6,037.08 -23.01 -.4% 独DAX 7,400.04 +3.41 +.0% 仏CAC40 4,110.34 +13.72 +.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.41% +.01 独国債10年物 3.28% -.01 英国債10年物 3.85% +.01

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,372.75 +7.75 +.56% 原油 北海ブレント 101.83 -1.25 -1.21%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は3営業日続伸。ストックス欧州600指数は 2008年9月以来の高値を付けた。バークレイズやダノンの利益がアナ リスト予想を上回ったことが好感された。

英3位の銀行、バークレイズは5.8%高。ウニクレディトがイタリ ア株の上昇を主導。仏ヨーグルトメーカーのダノンは3.3%上げた。一 方、NYSEユーロネクスト買収で合意したドイツ取引所は安い。英豪 系鉱山会社、リオ・ティントを中心に鉱山株が売られた。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の289.44で終了。 世界的な景気回復で企業利益が増えるとの見方に支えられ、同指数は 2009年3月に付けた12年ぶり安値から83%上げている。ブルームバ ーグのデータによれば、同指数構成銘柄で1月10日以降に通期決算を 発表した企業のうち、約56%の1株当たり利益がアナリスト予想を上 回った。

ロベコ・アセット・マネジメント(パリ)の投資部門ディレクター、 イブ・マイヨ氏は、「現時点での原動力は株式への資金流入であり、2010 年通期決算がこれを裏付けている」と指摘。「株式市場には企業業績と いう追い風が吹いている」と述べた上で、「目先の相場は下落する可能 性がある。投資家は過去1カ月、あらゆる好材料に注目してきた。状況 全体についての新たな疑問が生じることもありえる」と続けた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州600 指数の構成銘柄の株価収益率(PER、実績ベース)は約15.5倍と、 9カ月ぶり高水準に近い。

ウニクレディトは3.3%高。ソシエテ・ジェネラルは同銘柄の投資 判断を「売り」から「買い」に引き上げた。

一方、ドイツ取引所は2.4%下げた。ロンドン証券取引所(LSE) グループは3.2%安。LSEは先週、カナダのTMXグループを買収す ることで合意した。リオ・ティントは2.8%の下落。

◎欧州債券市場

欧州債市場では、ドイツ2年債相場が下落。ドイツの景況感が高ま ったのに加え、欧州各国が域内の救済基金の融資能力を倍に増強するこ とで合意したことが背景にある。

ギリシャ国債相場は9営業日続落。同国経済が昨年10-12月 (第4四半期)も縮小し、リセッション(景気後退)が続いたことが示 された。ドイツ連邦統計庁が15日発表した10-12月期の同国の経済 成長率は年率換算4%。7-9月(第3四半期)は3.9%だった。

ポルトガル国債も下げた。欧州各国の財務相らは、ポルトガルを財 政危機から守る緊急措置は必要ないとの見解を明らかにした。

クレディ・スイス・グループ(チューリヒ)の債券ストラテジスト、 ラスムス・ロウジング氏は、「経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条 件)改善が利回り上昇を支えている」と指摘、「全般的に利回りは上昇 したが、これが短期的に変化することはないだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時半現在、ドイツ2年債利回りは前日比2ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.41%。同国債(表面 利率1%、2014年12月償還)価格は0.025ポイント下げ99.26。ド イツ10年債利回りは3.29%と、前日から1bp未満の上げとなった。 一時は2010年1月14日以来の高水準となる

3.33%まで上昇した。

ドイツの欧州経済研究所センター(ZEW)が発表した2月の期待 指数はプラス15.7と、1月のプラス15.4から上昇。ブルームバーグ・ ニュースがエコノミスト38人を対象に実施した調査の中央値ではプラ ス20と見込まれていた。

ギリシャ10年債利回りは23bp上昇の11.81%。ドイツ10 年債とのスプレッド(上乗せ利回り)は852bpと、終値ベースで先月 11日以来の最大を付けた。

ポルトガル10年債は1bp上げ7.43%。ドイツ国債に対する上 乗せ利回りは414bp。10日には438bpまで拡大し、昨年11月30 日以来の最大に広がった。

◎英国債市場

英国債相場は下落。インフレ率が2年ぶり高水準に上昇したことを 背景に、イングランド銀行(英中央銀行)に利上げを迫る圧力が強まっ た。

英政府統計局(ONS)が15日発表した1月の消費者物価指数は 前年同月比4%上昇。インフレ率は昨年12月の3.7%を上回り、2008 年11月以来の高水準となった。ブルームバーグ・ニュースがエコノミ スト30人を対象にまとめた調査の中央値でも4%上昇が見込まれてい た。

2年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇し1.55%。同国債(表面利率4.5%、2013年3月 償還)価格は0.07ポイント下げ105.94。10年債利回りは2bp 上昇の3.85%。

UBSの為替ストラテジスト、クリス・ウォーカー氏は、「インフ レ率は構造的に高過ぎる」と指摘。「予想される英中銀利上げのタイミ ングはこれまでより早くなった」と語った。英中銀は今月、政策金利を 過去最低の0.5%に据え置き、資産買い取りプログラムの規模を2000 億ポンドに維持した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE