グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3営業日ぶりに下落。中国の1月の食料品を除く 消費者物価指数(CPI)の伸びがこの6年余りで最大となり、1- 3月(第1四半期)中に当局が追加利上げに踏み切る可能性があると 国家情報センター(SIC)が指摘したことが響いた。

売上高の約35%を中国で稼ぐ不動産会社のニューワールド・デ ベロップメント(新世界発展、17 HK)は1.1%安。中国建設省傘下 の中国海外発展(688 HK)は1.9%、合成創展集団(ホプソン・デ ベロップメント・ホールディングス、754 HK)も2.5%それぞれ値 下がりした。

減益見通しを発表した乳製品メーカーの澳優乳業(1717 HK) は5.7%下落。海洋油田開発で中国最大手の中国海洋石油 (CNO OC、883 HK)は1.2%下げた。

大和証券グループの中国担当チーフエコノミスト、孫明春氏はブ ルームバーグテレビジョンのインタビューで、「恐らく月内か来月の 早い時期に預金準備率の再引き上げがあるだろうが、引き締めの頻度 は過去3カ月よりも少なくなるだろう」と述べた。

ハンセン指数は前日比221.28ポイント(1%)安の

22899.78で終了。ハンセン指数は前日までの2営業日で1.8%上げ ていた。指数を構成する4業種のうち、不動産株指数の下げが最も大 きかった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1%安の

12280.27。

【中国株式市況】

中国株式市場は、上海総合指数が一時1.2%高まで上昇したもの の、その後値を消して前日比変わらずで引けた。利上げ懸念から銀行 株を中心に下げ、商品相場の上げを好感した資源株高を打ち消した。

中国の1月の消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PP I)の伸びが前月から加速する中、中国初の民間銀行、中国民生銀行 (600016 CH)や国内最大の不動産開発会社、万科企業 (000002CH)が値を下げた。保険最大手の中国人寿保険(601628 CH)も売られた。

一方、銅相場が高値を更新する中で江西銅業(600362 CH)が

3.2%高。セメント会社の華新水泥(600801 CH)は2年ぶりの高 値を付けた。中国国際金融(CICC)がセメント価格は上昇すると の見通しを示したことが好感された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比0.10ポイント高の2899.24で終了。上海、 深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.1%安の

3217.67。

【インド株式市況】

インド株式相場は3営業日続伸。インフレが緩和する可能性があ ると政府当局者が発言したことに加え、携帯電話事業ライセンスをめ ぐる超党派の調査を求める野党案を政府が受け入れたと報道されたこ とが好材料となった。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は6週間ぶり高値。国内 最大のトラックメーカー、タタ・モーターズは4営業日続伸。インド 国家計画委員会のアルワリア副委員長は、インフレ率が3月までに 7%前後まで低下する可能性があるとの見方を示した。1月は

8.23%だった。

政府当局者と野党議員で構成する21人の委員会が携帯電話事業 ライセンスの割り当てについて調査すると、インド紙エコノミック・ タイムズが複数の当局者を引用して報じた。来週から始まる予算審議 を前に、議会の手詰まり状態の打開につながるとの安心感が広がった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

71.60ポイント(0.4%)高の18273.80で引けた。前日までの2 営業日で4.2%上げ、2日間として2009年11月以降で最大の上昇 となっていた。

ステイト銀(SBIN IN)は1.4%高の2736.80ルピー。タ タ・モーターズ(TTMT IN)は2.3%上げ1237.35ルピーで終了 した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比4.8ポイント(0.1%)安の4931.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比4.07ポイント(0.2%)安の

2010.52。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比36.46ポイント(0.4%)高の8721.93。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比23.76ポイント(0.8%)安の3080.66。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比10.81ポイ ント(0.7%)高の1505.33。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比1.42ポイント(0.2%)高の968.49。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比25.00ポイント(0.7%)高の

3416.77。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比5.95ポイント(0.2%)安の

3790.78。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE