ギリシャ:10-12月GDP、前期比1.4%減-リセッション続く

ギリシャ経済は昨年10-12月(第 4四半期)もマイナス成長となり、リセッション(景気後退)が続い ている。債務危機から脱するための緊縮財政が景気を圧迫した。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が15日発表した10 -12月期のギリシャ国内総生産(GDP)は前期比1.4%減。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト6人を対象にした調査の 中央値では1.5%減と見込まれていた。前年同期比では6.6%減少。

7-9月(第3四半期)は前期比1.7%減、前年同期比5.7%減に それぞれ改定された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE