シティ株をヘッジファンドが取得-ムーア・キャピタルやアパルーサ

米政府が米銀シティグループの保 有株を減らすなか、ムーア・キャピタル・マネジメントやアパルーサ・ マネジメントなどヘッジファンドは昨年10-12月(第4四半期)に同 行株を取得した。シティは資産規模で米銀3位。

14日に米証券取引委員会(SEC)に提出した株式保有報告書に よると、ルイス・ムーア・ベーコン氏が運営する資産規模150億ドル (約1兆2500億円)のムーア・キャピタルは第4四半期にシティ株 4090万株を購入。年末時点の評価額は1億9400万ドルだった。一方、 デービッド・テッパー氏が創設したアパルーサは、保有するシティ株 を2倍以上に増やした。

ニューヨークを本拠とするホランドの会長として40億ドル余り の資産運用に携わるマイケル・ホランド氏は、「銀行はこれまで、多く のヘッジファンドにとってかなり収益性の高い取引分野だった。シテ ィで再び同じことを試みている」と説明。「現在のところ、シティのパ ンディット最高経営責任者(CEO)は事態を収拾できたもようであ り、今後、経営にとって順風の時期を迎えるようだ。状況が急変しな い限り、恐らく利益をさらに上げるのに良い機会となるだろう」と分 析した。

そのほか、バイキング・グローバル・インベスターズとイートン・ パーク・キャピタル・マネジメントも第4四半期にシティ株を取得し た。ジョン・ポールソン氏率いる359億ドル規模のヘッジファンド、 ポールソンは1月に顧客に対し、それまでの1年半でシティへの投資 により10億ドル余りの利益を得たと報告した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE