イラン:アラブ諸国の民衆の力を称賛-国内の反体制派は鎮圧

イラン政府はアラブ諸国で同国に 敵対的な政権を一掃する民衆の力を称賛する一方、国内の反対勢力が 14日起こしたデモに対しては鎮圧に動いた。同国では2009年、大統 領選の結果に抗議する反政府デモが起きている。

イランのアハマディネジャド大統領は、11日にエジプトのムバラ ク大統領の辞任が発表され、カイロが歓声に沸きかえる数時間前、イ ラン革命32周年を記念する演説で、エジプトで起きた民衆蜂起につい て、イスラエルと米国による干渉のない「新しい中東」の到来を告げ るものだと称賛した。その1週間前には、同国の最高指導者ハメネイ 師が首都テヘランでの金曜礼拝で、「イランはイスラム世界の他の部分 にその声が響くのを目の当たりにしている」と述べた。

カタールの衛星テレビ局アルジャジーラによると、エジプトの政 権交代を実現した民衆との連帯を唱え、テヘランで14日に抗議集会を 開いたイランの反政府勢力は、催涙ガスや警棒で鎮圧された。反体制 派はハメネイ師とアハマディネジャド大統領が国民の要求を無視し、 退陣を余儀なくされたアラブ諸国の指導者らと同じようなものだと批 判している。

イランはこれまで、ムバラク前大統領とチュニジアのベンアリ前 大統領が宗教団体を抑圧し、イランの核開発プログラムに反対するな ど、米国の言いなりになっていると批判してきた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE