ルービニ教授:トリシェECB総裁の後任、ドラギ氏が「最適」

米ニューヨーク大学のヌリエル・ ルービニ教授は、10月に退任するトリシェ欧州中央銀行(ECB)総 裁の後任として、イタリア銀行(中央銀行)のドラギ総裁が最も適し た候補者だとの認識を示した。

ルービニ教授は14日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS)のツイッターを通じ、「トリシェ総裁の後任としてECBを 率いるのに最も適した候補者がマリオ・ドラギ氏なのは明らかだ」と し、「正しい選択が行われるよう願う」と述べた。

ルービニ教授は同日これより先にツイッター上で、「ドイツは事実 上、ECB総裁ポストを断念した」と指摘。ウェーバー独連銀総裁の 辞意表明で、「ドイツには資格要件を満たす候補者が他にいない」と記 していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE