ヘッジファンドの米アパルーサ、BOAとシティ株買い増す-10~12月

デービッド・テッパー氏が創設し たヘッジファンド、米アパルーサ・マネジメントは昨年10-12月(第 4四半期)に米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)とコンピュータ ー用メモリーチップの米マイクロン・テクノロジーの株式を取得し、 米銀シティグループの持ち高を2倍強に拡大した。

アパルーサの14日付の届け出によれば、同社は第4四半期にB OA株259万株を買い増し、保有株数を2510万株に引き上げた。マ イクロン株1780万株も新たに取得。シティの保有株数は6630万株 増えて1億1750万株となった。

ブルームバーグが集計したデータによれば、同社は米自動車メー カー、ゼネラル・モーターズ(GM)や米銀JPモルガン・チェース など12社の株式を新規購入。マイクロンやパソコン(PC)世界最 大手の米ヒューレット・パッカード(HP)を含め26銘柄の保有比 率を引き上げた。11銘柄については一部を売却し、7社のポジション を手じまった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE