スイス:エジプト前大統領資産、迅速に凍結-資金隠しの汚名返上狙う

スイスはエジプトのムバラク前大 統領の資産をどの国・地域よりも迅速に凍結した。独裁者の資金の隠 し場所という従来の負のイメージを払拭(ふっしょく)する狙いがあ る。

スイス政府は11日のムバラク大統領の辞任発表から2時間もた たない段階で、エジプトの国有財産が「横領される可能性」を回避す るため、ムバラク氏と身近な関係者が所有するあらゆる資金を凍結し たことを明らかにした。

米司法省の元マネーロンダリング(資金洗浄)担当責任者、セオ ドア・グリーンバーグ氏は「時代は変わった」と指摘。「専制君主も独 裁者も悪徳政治家も不正に得た資金を簡単に預金できなくなるだろう。 スイスが犯罪者や殺人の報酬にとって格好の場所というのは過去の話 であり、マネーロンダリングを題材とする小説やジェームズ・ボンド が出てくる映画『007』の中での物語だ」と話す。

全世界のオフショア個人資産の約27%が管理・運用されるスイス では、不正な資金の流入を抑えるため、マネーロンダリング規制が強 化されている。スイス政府のウェブサイトによれば、同国が各国に返 還した独裁者の資金は合計で約17億スイス・フラン(約1460億円) 相当に上り、似たような規模の金融センターでは最も多い。

スイス政府は1月19日にもチュニジアのベンアリ前大統領が所 有していた資金を凍結。コートジボワール大統領選で勝利を国際的に 認定されたワタラ元首相への権限移譲を拒んでいるバグボ大統領の資 金も接収した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE