英1月のインフレ率:約2年ぶり高水準の4%か-ブルームバーグ調査

英国の1月のインフレ率は約2 年ぶりの高水準に加速したとみられる。

ブルームバーグ・ニュースが集計したエコノミスト30人の予想 中央値によると、1月の英消費者物価指数(CPI)は前年同月比 4%上昇と、中銀目標の2倍に達し、2008年11月以来の高水準が 見込まれている。予想通りなら、イングランド銀行(英中央銀行)の キング総裁はオズボーン英財務相に対し中銀の政策を説明する書簡の 提出を迫られることになる。同中銀は、翌日16日には四半期インフ レ報告の公表を予定している。

コメルツ銀行のロンドン在勤エコノミスト、ピーター・ディクソ ン氏は14日、電話インタビューで「キング総裁は繰り返し、現在イ ンフレをもたらしている要因は中銀が管理可能な範囲を超えていると 主張するだろう」と語った。「それは正しいが、必ずしも中銀が永遠 に静観していられることを意味しない」と話した。

英政府統計局(ONS)はロンドン時間15日午前9時半(日本 時間午後6時半)にCPI統計を発表する。イングランド銀はその1 時間後にキング総裁のインフレに関する書簡を発表し、オズボーン財 務相からも書面で返答が示される可能性がある。英中銀総裁は、イン フレ率が目標の2%から上下に1ポイント以上乖離(かいり)してい る場合、3カ月ごとに財務相に書簡を提出する必要がある。同中銀は 1年前から4四半期連続で書簡を発表しており、今回実施されれば5 四半期連続となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE