米バークシャー:BOA株売却、昨年末の持ち株ゼロに-ナイキも

著名投資家で資産家のウォーレン・ バフェット氏が率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、 資産規模で米最大の銀行、バンク・オブ・アメリカ(BOA)の全持 ち株を売却した。緊急時にバークシャーの資産運用を任せていたファ ンドマネジャー、ルー・シンプソン氏の引退に伴い、バフェット氏は 現在ポートフォリオの全責任を負っている。

バークシャーが14日当局に提出した株式保有報告書によると、同 社の昨年末時点のBOA株の持ち分はゼロだった。3カ月前は500万 株を保有していた。同社はまた、米スポーツシューズメーカーのナイ キ、米ケーブルテレビ(CATV)運営会社コムキャスト、水処理を 手掛ける米ナルコ・ホールディング、米電子商取引サービスのファイ サーブ、米住宅関連用品小売りのローズ、米医療器具メーカーのベク トン・ディッキンソンの持ち分も処分した。

バフェット氏(80)は、バークシャーの投資マネジャーの入れ替 えを進めるなか、株式ポートフォリオを見直している。バフェット氏 がかつて緊急時の代役に指名したシンプソン氏は昨年末に引退。バー クシャーは、バフェット氏の株式投資の補佐に元ヘッジファンドマネ ジャーのトッド・コームズ氏を起用した。バークシャーは米清涼飲料 メーカー、コカ・コーラと米銀ウェルズ・ファーゴの筆頭株主。

ウェルズ・ファーゴは買い増し

メリーランド大学ロバート・H・スミス・ビジネススクールのデ ービッド・カシュ教授は、「バフェット氏が自分で保有に違和感を覚え るポジションは10-12月(第4四半期)に売却された」と説明した。

バークシャーは一方で、第4四半期にウェルズ・ファーゴ株を買 い増した。

バークシャーの最高経営責任者(CEO)でもあるバフェット氏 は、2008年の金融危機以降、株式ポートフォリオを縮小し、企業の合 併・買収(M&A)へと軸足を移した。昨年7-9月(第3四半期) には、米住宅関連小売りのホーム・デポと米ごみ運搬会社リパブリッ ク・サービシズ、米情報管理サービスのアイアン・マウンテンの株式 を売却した。

バフェット氏は昨年、バーリントン・ノーザン・サンタフェを265 億ドル(約2兆2100億円)で買収。多様な業種にわたる子会社に新た に鉄道会社が加わった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE