カナダ政府、ロンドン証取の加TMX買収計画を調査へ-産業相

カナダのクレメント産業相は14 日、ロンドン証券取引所グループ(LSE)が加TMXグループを32 億カナダ・ドル(約2700億円)で買収する計画を連邦政府が調査す ることを明らかにした。TMXはトロント証取を傘下に持つ。

オタワでの記者会見で発表した。連邦政府による調査はカナダ投 資法に基づくもので、州政府が計画する調査とは別途に実施されると いう。

カナダ政府は法律に基づき、同国に「純益」をもたらさない外国 企業による買収を拒否することができる。過去25年では2件退けて おり、そこには昨年の英・オーストラリア系資源会社BHPビリトン による肥料メーカー、ポタシュの買収計画も含まれている。

クレメント産業相は記者団に対し、LSEの計画について「われ われはこの案件をあらゆる角度から調査することになる」と説明。オ ンタリオ、ケベック、ブリティッシュコロンビア、アルバータの各州 も希望があれば独自の調査を行うことができると述べた。

買収が実現すれば、LSEの株主は統合会社の株式の55%、TM Xの株主は同45%を保有することになる。両社が9日発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE