米大統領:歳出削減、赤字削減の公約実行に必要-予算教書の概要説明

オバマ米大統領は14日、議会 に提出した2012会計年度の予算教書に基づくと、米教育システム の改善といった最優先事項により多くの資金を拠出するために、多 数の連邦政府プログラムが削減されるだろうと述べた。予算教書で示 された歳出規模は3兆7000億ドル(約307兆8000億円)。

オバマ大統領は、訪問先のボルティモア近郊の学校で記者会見 し、予算教書の概要を説明しながら「この先こうした投資を可能にす る唯一の道は、政府が歳入に見合った暮らしを始めるかどうかにかか っている」と述べた。

大統領は、現在の任期中に赤字を半減させるという公約を果た すために、「深く思いを寄せている」プログラムの予算を削ることに なると指摘。「財政規律に関して、政府が約束どおりに実行しようと するのであれば、こうした削減はやむを得ない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE