欧州中央銀行:先週の国債購入の決済はゼロ-市場緊張再燃でも

欧州中央銀行(ECB)の先 週の国債購入決済額はゼロだった。先週はソブリン債市場の緊張が 再燃したものの、中銀の発表によると先週に決済された取引はなか った。

ECBは昨年5月10日に開始した国債購入プログラムによっ て生じた765億ユーロ(約8兆5700億円)の流動性を吸収する ため、入札を実施すると発表した。

ECB当局者は欧州ソブリン債危機への対応を強化するよう 各国政府に求めている。シュタルク理事とオルファニデス・キプロ ス中銀総裁は、欧州の救済基金が国債を購入できるようになれば、 ECBの購入プログラムは不要になると指摘している。

取引について知る関係者3人は、ECBが10日にポルトガル 国債を購入したと述べている。14日のポルトガル10年債と同年 限のドイツ国債のスプレッド(上乗せ利回り)は410ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)と、1週間前の391bpから拡 大している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE