グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が約1週間半ぶりの大きな値 上がりとなった。中国のインフレが鈍化し、金融政策をさらに引き締 める必要性が後退するとの観測が高まった。

中国政府系の不動産会社チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、 1109 HK)は3.5%高。クレディ・スイス・グループが株式の投資 判断を「ニュートラル(中立)」に引き上げたことが手掛かり。中国 最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(914 HK)は8.6%上昇。 上海証券報が建築資材の需要が高まると報じ、これが材料視された。 2010年通期の増益見通しを発表した中国の自動車メーカー、長城汽 車(2333 HK)は6.1%値上がりした。

時価総額で中国最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)や携帯 電話会社のチャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)も買われた。

レッドフォード・アセット・マネジメントのエグゼクティブディ レクター、ケニー・タン氏は「インフレは和らぐ公算だ」とした上で、 「政策をめぐる市場の不透明感も後退しつつある」と語った。

ハンセン指数は前週末比292.14ポイント(1.3%)高の

23121.06と、2日以来の大幅な上昇率となった。ハンセン中国企業 株(H株)指数は同2.6%高の12398.05で引けた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数は2カ月ぶりの大幅高となっ た。15日発表予定の中国の1月の消費者物価指数(CPI)上昇率 が予想を下回るとの観測や、1月の輸出が予想を上回る伸びとなった ことが手掛かり。

江西銅業(600362 CH)を中心に金属関連株が上昇。1月の中 国輸出が前年同月比37.7%増加したことが好感された。1月の黒字 確保を発表した中信証券(CITIC証券、600030 CH)は値幅制 限いっぱいの10%高。

高速道路を運営する安徽高速道路(600012 CH)や中国最大の 国際航空会社、中国国際航空(601111 CH)が有料道路・航空関連 株の上げをけん引。劉志軍鉄道相が規律違反の疑いで調査を受けてい ると国営新華社通信が報じ、これが材料視された。鉄道車両メーカー の中国南車(CSR、601766 CH)は1.9%下げた。

中原証券のストラテジスト、李俊氏(上海在勤)は「1月のCP Iは市場のコンセンサスよりも低い前年同月比4.9%上昇となったも ようだ」と述べ、「この観測は、景気過熱抑制に向けて政府が一段の 引き締め措置を講じる必要に迫られるとの懸念を和らげる」と語った。 中国国家統計局は取材に対してコメントを控えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前週末比71.81ポイント(2.5%)高の2899.13 で終了。昨年12月13日以降で最大の値上がりとなった。上海、深 セン両証取のA株に連動するCSI300指数は前週末比3.2%高の

3219.14。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のセンセックス30種株価指数は9 カ月ぶり大幅高となった。エジプトのムバラク大統領辞任を受けて、 新興市場への信頼が回復するとともに、原油高がインフレを加速させ るとの懸念が和らいだことが買いにつながった。

インド最大のトラックメーカー、タタ・モーターズは5.8%上昇 と、昨年5月10日以降で最大の値上がり。昨年10-12月(第3四 半期)利益が3倍以上に増えたことに反応した。国内最大のエンジニ アリング会社、ラーセン・アンド・トゥブロは6.7%の大幅高。110 億ルピー規模の契約を獲得したことを手掛かりに、1年9カ月で最大 の上昇となった。

この日発表された1月の卸売物価指数(WPI)上昇率が前月 から低下したことも、相場の支援材料となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比473.59ポ イント(2.7%)高の18202.20で終了。これは昨年5月10日以来 の大幅高。7カ月ぶり安値から反発した前週末11日は1.5%の上昇 だった。

タタ(TTMT IN)は1209.25ルピー、ラーセン(LT IN)は

1660.15ルピーでそれぞれ終了した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比54.9ポイント(1.1%)高の

4935.8。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比37.40ポイント(1.9%)高の

2014.59。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比75.61ポイント(0.9%)高の8685.47。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比27.15ポイント(0.9%)高の3104.42。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比10.81ポ イント(0.7%)高の1505.33。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比17.50ポイント(1.8%)高の967.07。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比25.00ポイント(0.7%)高の

3416.77。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比47.58ポイント(1.3%)高の

3796.73。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE