G20:経済不均衡の指標で合意目指す、数値には踏み込まず-仏財務相

フランスのラガルド仏財務相は 14日、世界の不均衡の目安としてどのような経済指標を採用するかに ついて、今週に20カ国・地域(G20)の財務相らと合意したい考え であることを明らかにした。

同財務相は、18・19両日のG20財務相・中央銀行総裁会議で 「われわれが目指すのは、不均衡を見いだしその原因を発見するため の指標について共通の診断を下すことだ」と述べ、「中国は貯蓄し輸 出する。欧州は消費し、米国は借金をして消費する。このモデルが均 衡しているかと言えば、恐らく答えはノーだろう」と語った。

G20は国際収支の不均衡が2008年の金融危機の一因となったと のエコノミストらの指摘を踏まえ、その是正方法を模索している。財 務相らは両日の会議で、何を不均衡の指標とするかを協議するが、不 均衡是正に向けた目標数値の設定には踏みこまないと、ラガルド財務 相は述べた。

G20議長国であるフランスは貿易および経常収支、成長率の格差、 外貨準備の増大などを指標として提案しているという。

また、ノワイエ仏中銀総裁は不均衡是正の取り組みで協力できな ければ「激烈な反動に見舞われるリスクがある」と指摘し、黒字国で は輸出があ減速、赤字国では金利が上昇する恐れがあると語った。

ラガルド財務相は、合意に達するためにはそれぞれの国の状況を 詳細に分析する必要があるとして、「全ての国を同じように扱うこと はできない。サウジアラビアやオーストラリアなど資源輸出国である 黒字国は、資源消費国とは異なる懸念があるだろう。すべての国にと って妥当な指標が必要だ」と述べた。

国際通貨システムの見直しについては、米政府は幾つかの点で改 革に賛成だろうと述べた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae、 Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mark Deen at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE