東映株決算後に9カ月ぶり高値、「相棒Ⅱ」やワンピース受け利益増額

映画の製作・配給などを手掛ける 東映株が午後2時の決算発表後に急伸、一時前日比5.8%高の455円 と昨年5月20日以来、約9カ月ぶりの高値を付けた。

会社側の発表によると、「相棒-劇場版Ⅱ-」が好調に稼働したほ か、「ワンピース」などのキャラクター商品やDVDが予想を上回り、 今期(2011年3月期)の連結営業利益は従来計画の76億円から21% 上振れし、92億円になる見通しとなった。前期比では12%減益予想が 一転、6.4%の増益予想となり、採算好転を評価する買いが膨らんだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE