ロンドン金属取引所とシンガポール取引所:金属先物、15日に取引開始

ロンドン金属取引所(LME)と シンガポール取引所(SGX)は、銅や亜鉛、アルミニウムの先物の 取引を15日から開始する予定だ。

「LME-SGX金属先物」はドル建てで、シンガポール時間午 前8時(日本時間同9時)にSGXで取引と清算が開始される。ロン ドン市場の取引単位は25トンだが、シンガポール市場では5トン。S GXは鉛やすず、鉄鋼半製品のビレットの先物取引の導入についても 一般の意見を求めている。

需要が拡大するなか、LMEはアジアで事業を拡充している。L MEの電子取引システムでは、指標となる3カ月先物の出来高全体の うちアジアの占める割合が14%と、2009年時点の10%から拡大した。 LMEは1月24日、銅とアルミ、亜鉛のアジアの指標価格を導入。昨 年にはシンガポールで事務所を開設した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE