スウェーデンの競争力こそ欧州のお手本か-通貨高でも輸出好調

スウェーデンは通貨クローナが どの主要通貨より大きく値上がりしているものの輸出が好調で、欧州 通貨統合の維持に向け闘っているドイツのメルケル首相のお手本とな りそうだ。

クローナはここ1、3、6カ月の間、他の主要通貨より良好なパ フォーマンスとなっている。ブルームバーグ相関加重通貨指数によれ ば、先進国・地域の通貨バスケットに対し最大7.79%上昇。こうした 上昇にもかかわらず、UBSとゴールドマン・サックス・グループは 先週、クローナの相場見通しを引き上げた。

1990年代半ばに社会福祉制度の改革に着手したスウェーデンは、 利上げを進めつつ、通貨の強い国が輸出を通じてどのようにして繁栄 することができるかを示している。欧州首脳に対し「競争力」に焦点 を絞るよう促すメルケル独首相にとって、輸出こそがその目標達成へ の鍵だ。

スウェーデンの輸出は昨年14%増えた。トラックメーカーのボル ボが1-9月にアジアでの売り上げを50%伸ばしたほか、家電のエレ クトロラックスは10-12月(第4四半期)に11%増収となった。

資産3740億ドル(約31兆1100億円)相当を運用するDWSイ ンベストメントの為替責任者(フランクフルト在勤)、ディルク・ア ウフデルハイデ氏は、「スウェーデンは一つの大きなサクセスストー リーだ。その経済が欧州の中核と強い関係を持つ一方、新興市場にも 輸出しており、そこでの需要は巨大だ」と指摘する。

方針

同氏は、クローナが年内に1ユーロ=8.60クローナに上昇する可 能性があると予想。先週は8.7862クローナで終えている。対ドルで は1ドル=6.4818クローナと、4日からほぼ変わらずだった。

ブルームバーグが24社を対象にまとめた調査の中央値では、ク ローナは今年末1ユーロ=8.75クローナになると見込まれている。昨 年12月28日時点では、ストラテジストらは9クローナに下落すると の予想を示していた。

スウェーデンのボリ財務相は11日にストックホルムでインタビ ューに応じ、「極めて力強い成長」が恐らく「ある程度の為替相場上 昇」のつながるだろうと述べた。ビョーリング貿易相は1日のインタ ビューで、スウェーデンが2015年までに輸出を倍の約3100億ドルに 増やすとの方針を表明した。

シティグループの試算では、スウェーデン経済は昨年5.5%成長 となったもようで、今年の成長率は5%となりそう。スウェーデン中 央銀行は昨年7月以降4回の利上げを実施し、政策金利を1.25%に引 き上げた。これを受け、クローナは昨年、対ユーロで14%上昇。ユー ロ導入後の12年間で最も大きな年間上昇率となった。米連邦準備制 度理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)は政策金利の据え置き を続けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE