経財相:当面弱さ続くが海外経済回復などで景気持ち直す-GDP受け

与謝野馨経済財政担当相は14日午前 の記者会見で、昨年10-12月の日本の実質国内総生産(GDP)1次速 報値が5四半期ぶりに落ち込んだことを踏まえ、当面弱さが続くが海外 経済の回復などで景気は持ち直すと述べた。

与謝野氏は10-12月のGDPについて、自動車やたばこ減による民 間消費減少が要因だと指摘するとともに、アジアを中心として輸出減少 が背景にある語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE