三越伊勢丹株が続伸、経費削減で利益予想増額-効率化進展速い

百貨店首位、三越伊勢丹ホールデ ィングスの株価が一時前週末比4.2%高の1042円まで上昇し、3日続 伸。経費削減などが寄与し、今期(2011年3月期)の連結純利益は従 来予想に比べて25%増加する見通しとなった。効率化の進展ペースが 予想より速いとして、再増額期待が高まっている。

会社側が10日に発表した業績予想修正によると、今期純利益は 150億円(前期は635億2100万円の赤字)になる見通し。従来予想は 120億円だった。同時に発表された10年4-12月の純損益は126億 3700万円の黒字(前年同期は104億7500万円の赤字)に転換した。

シティグループ証券の朝永久見雄アナリストは10日付リポートで、 想定以上に効率化が進展しているとし、「特殊経費が大幅に減少する来 期以降にさらなる収益改善を期待できる内容」と評価。増額修正後の1 -3月業績も達成可能な水準であり、「新会社計画は保守的な水準」と 指摘した。同証券による新たな今期純利益予想は162億1100万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE