トルコ:10年ぶりサムライ債発行に向け説明会-大和CMなど3社主催

トルコ共和国は22日、23日の両日、 円建て外債(サムライ債)の発行に向け、日本国内で投資家向け説明 会を開く。大和証券キャピタル・マーケッツとみずほ証券、三菱UF Jモルガン・スタンレー証券の3社が開催を取りまとめる。事情に詳 しい関係者が明らかにした。

トルコは、国際協力銀行(JBIC)が元利金払いを一部保証す るサムライ債発行スキームで、20億ドル(約1665億円)規模の資金調 達を計画している。実現すれば、トルコの同債発行は2000年11月以 来、10年4カ月ぶり。

トルコの外貨建て長期債は、米スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)と日本格付研究所(JCR)がBBと格付けしている。「B a2」を付与する米ムーディーズは昨年10月、景気と債務管理の改善 を理由に、トルコ国債の格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から、 「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE