ソニー・エリクソン、「プレイステーション」搭載アンドロイド機発表

携帯電話機メーカー、ソニー・エ リクソン・モバイルコミュニケーションズは、米グーグルの携帯端末 向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載する携帯電話としては 初めて、ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション」の機能を持 つ機種を発表した。今春発売する。

新機種「エクスペリア・プレイ」は、スライド式のゲーム操作用 ボードを装備し、処理速度は60FPS(フレーム・パー・セカン ド、1秒間に更新される画面数)。

ベライゾン・ワイヤレスなど通信サービス会社が4月に発売する。 ソニー・エリクソンのバート・ノルドベリ最高経営責任者(CEO) が13日、バルセロナで開かれた携帯端末見本市「モバイル・ワールド・ コングレス(MWC)」でのインタビュー明らかにした。欧州での販売 価格は199-299ユーロ(約2万2000-3万4000円)。

ソニー・エリクソンは、プレイステーションの人気をてこに通常 のスマートフォン(多機能携帯電話)よりも速い処理速度を求める携 帯ゲーム利用者を取り込みたい考え。同社は既に携帯音楽プレーヤー 「ウォークマン」やデジタルカメラ「サイバーショット」の機能を持 つ機種を投入している。

ソニー・エリクソンはまた、アンドロイド搭載スマートフォン「エ クスペリア」に「エクスペリア・ネオ」と「エクスペリア・プロ」の 2機種を新たに追加した。うち1機種はビジネス・ユーザー向けでス ライド式キーボードを装備する。

-- Editors: Vidya Root, Dan Weeks

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Diana ben-Aaron in Helsinki at +358-9-2512-2684 or dbenaaron1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Vidya Root in Paris at +33-1-5365-5018 or vroot@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE