トヨタ自動車が取締役を削減へ、8年ぶりの大幅刷新-関係者

【記者:Kae Inoue、Yuki Hagiwara】

2月12日(ブルームバーグ):世界最大の自動車メーカー、トヨタ 自動車は取締役を現在の27人から少なくとも17人に削減する計画だ。 事情に詳しい関係者2人が明らかにしたもので、一連のリコール(無料 の回収・修理)を受けて意思決定を迅速化する狙いがあるという。同 社にとっては8年ぶりの大幅な経営幹部の刷新となる。

同社には現在、27人の取締役がいる。同関係者によれば、今回の 再編では副社長の削減が含まれる。株主総会が開かれる6月前の4月 にも実施される見込みという。

同関係者によると、トヨタは8年前、意思決定迅速化のために58 人いた取締役を27人に減らしたが、今回の再編はそれ以降で最大規模 となる。

トヨタ広報担当の桐本慶祐氏は電話取材に対し、「取締役を含めた 役員体制についてはまだ何も決まっていない」と述べた。

トヨタの取締役削減は、先に東京新聞が報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE