エルピーダ:統合交渉先の台湾企業が債権放棄要請―読売

エルピーダメモリと経営統 合を目指しているとされる台湾の半導体メーカー、茂徳科技が台 湾当局や現地の銀行団と負債を減らすための債権放棄交渉に入っ たと、12日付読売新聞夕刊が報じた。

同紙によると、エルピーダは台湾の力晶科技とDRAM事業 を統合することで合意しており、茂徳がこれに合流するには財務 体質の改善が条件になっているためだとしている。情報源は明ら かにしていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE