エジプト反政府派、最大規模のデモ実施へ-大統領の演説が反発を助長

政情不安の続くエジプトでは、反 政府派が、騒乱が始まって以降で最大規模のデモを実施する姿勢を明 確にした。同国のムバラク大統領は10日、国営テレビを通じた演説で、 即時辞任を拒否する考えを示した。

ムバラク大統領は演説で、スレイマン副大統領に権限を委譲する ものの、9月の選挙までは職務にとどまる意向をあらためて表明。カ イロのタハリール広場で演説を聴いていた反政府派は一斉に失望と怒 りの声を挙げ、11日の金曜礼拝後にタハリール広場に再び集結すると 宣言した。

デモに参加する学生のアブデル・ラーマン・サブリーさんは、取 材に対し、「きょうはカイロだけでも数百万人の規模になる」と語る。 「きのうの演説に国民は怒り心頭だ。私たちは大統領に出て行けと伝 えなければならない。大統領は『私は去るつもりはない。皆、私のこ とが好きじゃないか』と言っている。彼の頭がおかしいか、私たちの 頭がおかしいかのどちらかだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE