インドの12月鉱工業生産は1.6%増、20カ月ぶり低い伸び

インドの昨年12月の鉱工業生産 は、予想を下回る伸びにとどまった。1年8カ月ぶりの低い伸びにと どまり、急速な利上げに伴う成長鈍化懸念が高まっている。

インド中央統計機構が11日、ニューデリーで発表した昨年12月 の鉱工業生産は前年同月比1.6%増と、11月の同3.62%増を下回る伸 びだった。ブルームバーグが27人のエコノミストを対象に行なった 調査では2%増(予想中央値)が見込まれていた。

インド中銀は、インフレ抑制を目指して先月25日に、ここ1年 で7回目となる利上げを行っている。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) のムンバイ在勤エコノミスト、ガウラブ・カブール氏は統計発表前に 「金利の上昇が製造業部門の勢いに影響を与えている」と指摘してい た。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net   Editor: Hitoshi Sugimoto 記事に関する記者への問い合わせ先: Kartik Goyal in New Delhi at +91-11-4179-2030 or kgoyal@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Stephanie Phang at +65-6499-2617 or sphang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE