韓国中銀:政策金利を2.75%に据え置き-予想外

韓国銀行(中央銀行)は11日の金 融政策決定会合で、政策金利である7日物レポ金利を2.75%に据え置 いた。韓国は成長が鈍化する中でインフレが加速しつつあり、中銀は 先月実施した利上げの効果を見極める姿勢を示した。

ブルームバーグが実施したエコノミスト12人を対象とした調査で は、3人が据え置きを、残る9人は0.25ポイントの引き上げを予想し ていた。

利上げが後手に回れば、既に中銀が上限とする4%を超えている 消費者物価の上昇率をさらにあおり、インフレ期待が高まりかねない。

野村ホールディングスのエコノミスト、クォン・ヨンスン氏は中 銀の発表前に香港で、「韓国中銀は、インフレ期待が手に負えなくなら ぬよう、より積極的に行動する必要がある」と指摘していた。

ゴールドマン・サックス・グループは、韓国中銀が恐らく3月に 利上げを再開するとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE