EU:アイルランドは「できる限り早急に」国内3行に資金注入を

欧州連合(EU)はアイルラン ド政府に対し、国際支援の条件を満たすため、アライド・アイリッシ ュ銀行とアイルランド銀行、EBSビルディング・ソサエティーに 「できる限り早急に」資本注入を実施するように呼び掛けた。

アイルランドは昨年11月に合意した850億ユーロ(約9兆 6000億円)の救済に基づき、財務体質の指標であるコアTier1 比率を少なくとも12%に引き上げるため、2月末までにこれら3行 に資金注入することで同意した。アイルランド政府は今週、資金注入 を25日の総選挙後まで延期する方針を明らかにし、「これは次期政 権が対処する問題だ」と説明した。

EUの欧州委員会、レーン委員(経済・通貨担当)のアルタファ イ報道官は11日、ブリュッセルで記者団に対し、注入延期について、 「これが一時的な措置であり、アイルランド当局は資本強化に向けた 措置をできる限り早急に実施するものと理解している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE