NY金(10日):反落、ドル上昇で代替資産を敬遠-1362.50ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。 ドルの堅調で代替資産としての金買いが鈍り、3日ぶりの下げとなっ た。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は一時0.9%上昇。先週の失業保険申請件数が2008年7 月以来の水準に減少したことが影響した。エジプトのムバラク大統領 が辞任するとの観測が広がるなか、金は下げ渋った。昨年の金相場は 30%上昇し、10年連続高を記録した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レ シュ氏(シカゴ在勤)は、「今年の金のパフォーマンスは昨年ほど好 調にはならないだろう」と語る。「経済の改善は続く。ドルの上昇は トレーダーに金売りの口実を与えるだろう」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比3ドル(0.2%)安の1オンス=1362.50ドルで終 了した。一時は1%安まで売り込まれた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE