グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。指標のハンセン指数は今年の上昇分を失 った。原油値下がりを背景に資源株が安くなった。金利上昇で経済成 長が鈍化するとの懸念から、中国の銀行と不動産株も値を下げた。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は 資産購入の発表を受けて、3%下落。中国建設省傘下の不動産会社、 中国海外発展(688 HK)は3.6%下げた。中国がインフレ抑制のた めに実施した利上げが嫌気された。

米ウォルマート・ストアーズなどへの納品で最大手のリー・アン ド・フォン(利豊、494 HK)は4.1%安。米連邦準備制度理事会 (FRB)のバーナンキ議長が、米失業率は高止まりする公算が大き いと述べたことが響いた。

中国のアルミニウム生産最大手、チャルコ(中国アルミ、2600 HK)と、国内最大の産銅会社、江西銅業(358 HK)も値下がりした。

ハンセン指数は前日比455.41ポイント(2%)安の

22708.62で終了。終値ベースでは年初来安値となり、下落率は昨年 11月23日以来最大。ハンセン中国企業株(H株)指数は同2.1% 安の12022.60。

信達国際の調査ディレクター、キャスター・パン氏(香港在勤) は、「運用担当者らは引き続き資金を株式から現金に移している」と 指摘。中国のインフレと引き締め懸念が本土の不動産・金融株だけで なく、消費者関連業界を圧迫し、ハンセン指数を押し下げるだろうと 予想した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は3週間ぶり大幅上昇。穀物の 値上がりが農業関連株を押し上げた。江鈴汽車の販売増加で自動車株 も高い。

農業生産法人、黒龍江北大荒農業(600598 CH)と種子販売の 山東登海種業(002041 CH)が上昇。主要生産地帯の干ばつが長期 化する可能性を政府が明らかにしたことを受け、小麦価格は過去最高 値を付けた。米フォード・モーターと提携している商用車メーカー、 江鈴汽車(200550 CH)が高い。1月の販売台数が増加したとの発 表が好感された。中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAI Cモーター、600104 CH)は10%の値幅制限いっぱい値を上げた。

中国最大の海洋石油会社の掘削部門、中海油田服務(601808 CH)は下落。UBSが投資判断を引き下げたことが響いた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比44.10ポイント(1.6%)高の

2818.16で終了。上昇率は1月19日以来で最大。上海、深セン両 証取のA株に連動しているCSI300指数は同2.1%高の3104.16。

海通証券のアナリスト、張崎氏(上海在勤)は「特に農業関連 の一部銘柄は、値上げ能力があるため、インフレ環境でアウトパフォ ームする可能性がある」と指摘。「先日の利上げが引き締め措置の最 後でないことは明らかだ」と付け加えた。

【インド株式市況】

インド株式相場は3日続落し、指標のセンセックス30種株価指 数が7カ月ぶり安値で引けた。当局がインフレ抑制措置を強化すると の懸念を背景に売られた。

インド準備銀行(中央銀行)のゴカーン副総裁は9日、食料イン フレが「重大な懸念だ」と発言した。インド最大の銀行、インドステ イト銀行は3.4%下げ、7月以来の安値。

携帯電話サービスで国内最大手のブハルティ・エアテルは2.9% 安。規制当局は携帯電話サービス用周波数の価格引き上げを提案した が、同社はこれが新規参入者への優遇になると主張している。

一方、公益事業を手掛けるリライアンス・インフラストラクチャ ーは10%の大幅高。前日は2年余りで最大の値下がりだった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比129.73ポイ ント(0.7%)安の17463.04と、昨年7月5日以来の安値引けとな った。

ステイト銀(SBIN IN)の終値は2494.10ルピー、ブハルティ (BHARTI IN)は322.60ルピー。リライアンス(RELI IN)は

585.30ルピーで終了。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比9.6ポイント(0.2%)高の4914.4。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比37.08ポイント(1.8%)安の

2008.50。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比170.26ポイント(1.9%)安の8836.56。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比47.17ポイント(1.5%)安の3103.39。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比32.08ポイ ント(2.1%)安の1503.99。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比20.80ポイント(2.1%)安の949.09。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比43.83ポイント(1.3%)安の

3373.64。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比105.06ポイント(2.7%)安の

3738.31。

Editor: Akiyo Kinoshita

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE