12月の英製造業生産:前月比0.1%低下、予想外-寒波響く

英国では昨年12月の製造業生産が、 市場予想に反して落ち込んだ。100年ぶりの寒波が経済活動を妨げた。

英政府統計局(ONS)が10日発表した12月の製造業生産指数 は前月比0.1%低下し、昨年4月以降で初めて落ち込んだ。11月は

0.6%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト25人 の予想中央値は0.4%上昇だった。前年同月比では4.4%上昇した。

0.5%のマイナス成長だった10-12月(第4四半期)の国内総生 産(GDP)への寄与は0.1ポイント未満。

イングランド銀行(英中央銀行)はこの日開催の金融政策委員会 (MPC)で刺激策を維持し、政策金利を据え置くと見込まれている。 英中銀はロンドン時間正午(日本時間同9時)に金融政策を公表する。

ソシエテ・ジェネラルのエコノミスト(ロンドン在勤)、ブライア ン・ヒリアード氏は統計発表前、「10-12月期の落ち込みは一時的な ものだ」と述べ、「中銀当局者はGDP統計を検証するだろう。色彩を 欠いた回復が続いているほか、降雪は歓迎されない障害となった」と 続けた。

同時に発表された昨年12月の英鉱工業生産指数は前月比0.5%上 昇、前年同月比3.6%上昇となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE